太陽光発電は今や注目の発電システムで、多くの一般住宅でも導入が進んでいます。
取扱メーカーも増えていてどこのメーカーが良いのかと言うのも、一つの選択肢となっています。
三菱の太陽光発電のもっとも大きな利点は業界最高水準にあるパワーコンディショナーの電力変換効率です。
発電された直流電流を家庭用の交流電流に変換する装置の事で、その変換効率が高ければ高いほど電力のロスがないという事になります。
他の多くのメーカーの変換効率と比較して3%ほど高い水準にあり、その差は金額にして電力料金単価を23円の計算上では、年間で2270円になります。
同じ容量のパネルを搭載していても、これだけの差が出ると言う事で、長い目で見ると大きな差になるのではないでしょうか。