単身赴任=旦那さんが家族と離れて1人で住むそんな印象が強いのは私だけではないと思います。
実際は女性が単身赴任する場合もあると思いますが、やはり子供を産んで学校に行かせると言うことになると転勤があった場合、奥さんは子供と暮らし、旦那さんが単身することが多いと思います。
単身赴任と聞くと私はネガティブなイメージを持ってしまいます。
今は男性でも料理をする人や得意な人が増えてきたと聞きますが料理ができない人や帰る時間も遅く料理を作る時間がない人も多いと思います。
実際私の友人も「男性一人暮らしは寂しいものだ。
ごはんは作らない。
」と言っていました。
急遽転勤が決まってしまうと準備も大変です。
辞令から転居までの時間が短いということもあるでしょう。
すぐにでも転居先を見つけなければならないのにそんなときに限って仕事が忙しく時間がなくて見つけられないと言うのも聞いたことがあります。
時間がないから、とりあえず住めるところでいいと妥協してしまうこともあるでしょう。
また、家具や電化製品も購入しなければならないし家に戻るときは捨てるか売るかしないといけませんよね。
考えるだけで面倒くさいです。
でも、単身赴任用の部屋を専用に扱っているところがあるそうです。
全国にあって、設定された料金も高くなく、大手の企業の直営だから安心できます。
しかも、食事もついているので栄養のバランスもよさそうです。
私が単身赴任をすることになったらぜひ使わせていただきたくなるような物件です。