最近、芸能人やモデルが密かにしているのではないかと噂されている、「顎プロテーゼ」とはいったいどんなものなのでしょうか。
顎にシリコンプロテーゼを入れることにより、顔全体のバランスが整えられるのです。
具体的な方法は、入れるシリコンを理想のフェイスラインになるようカットします。
次に下唇の裏側を切開し、そこからシリコンを入れていき、切開した部分を縫い合わせて終わりです。
このように口腔内なので傷も目立たず、わずか30分程度で手早くできる手術なのです。
ただし、ダウンタイムは1週間ほどかかり、その間強い腫れを我慢しなければいけません。
しかし、その後は落ち着きを取り戻すので、美容整形の中でも低リスクである手術と言えます。
このシリコンは、時間によって変色したり、溶解したりする心配はほとんどありません。
ただし、その後のアフターケアは大事なので、医師選びの際にはメリットやデメリットや、その後のケアなどの相談をきちんとしてくれる医師を探しましょう。
手術の相場は30万ほどで、クリニックによって違いがあります。
また、使用する麻酔の種類でも値段が違うので、医師の説明をよく受けるとよいでしょう。
フェイスラインは化粧でもカバーがしにくい部分なので、今この施術を受ける人が増えています。