東南アジア諸国の新興国の経済的な成長が素晴らしいことから、日本の投資家達がこぞってフィリピンやインドネシアに投資をし始めています。
景気の良い国へ投資をするという事は、長期的な投資が可能という意味でもあります。
しかし、日本はアベノミクス効果で少しだけ景気が回復してきましたが、バブル崩壊の影響で長い間不景気が続きました。
このようにすでに完成された国よりも、自然または人材の資源が豊富で伸び続ける可能性が高い国に投資を行う方がメリットがあるのです。
つまり、日本とフィリピンなどの投資は二分化したほうが良いでしょう。
短期投資は日本で、長期投資はフィリピンといった具合です。
長期投資にかかる費用は手ごろな方が良く、まさに東南アジア諸国は初心者にも買いやすいお手頃な価格で不動産が販売されています。
これから急速に伸び続ける優良な国へ、今から投資をおこなっておけば、10年または30年後に大きな財産となって自分たちのもとへと返って来ます。
複雑な海外投資に不安をもっている方は、一度投資セミナーで話を聞くといいかもしれません。
契約時は、すべて英語で記載されているので、日本とは異なる所も多いからです。
初心者の方が安心して安全な投資を行うためにも、一度勉強をしてみてはいかがでしょうか。